読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一周ヒッチハイカーの戯言

ヒッチハイクで日本一周した大学生がありとあらゆることを書いていきます。

人事を尽くして天命を待つ。財布をなくした時の話。

スポンサーリンク

f:id:okasho777:20161017135548p:plain

どうも。

 

おかしょー。です。

"人事を尽くして天命"を待つ。

今日はこの言葉の意味について記事を書いていこうと思います。

 

 

人事を尽くして天命を待つ

"人事を尽くして天命を待つ"

僕が大好きな言葉です。この人もこの言葉が大好きでしたね。

f:id:okasho777:20161017140030j:plain

 

人事を尽くして天命を待つ 緑間の画像13点とニュース|完全無料画像検索のプリ画像

参照

 

知らない人はごめんなさい。黒子のバスケという漫画のキャラクターです。

 

人事を尽くして天命を待つの言葉の意味はこちらです。

「人事を尽くして天命を待つとは、人間の能力でできる限りのことをしたら、あとは焦らずに、その結果は天の意思に任せるということ。」

人事を尽くして天命を待つ - 故事ことわざ辞典

 

まぁ簡単に言うと、「やることやろうぜ!!後は寝ようぜ!」って感じですよね。

別に寝ることが重要なのではなくて、「やることを全力でやる」という所が重要なわけですよ。

 

僕の価値観の一つとして、人間はできることとできないことがあって、できないことをどうにかしようとしても無理だから自分ができることに全力を注ごうというものがあります。

今日僕はその言葉の意味を身を以て体験しました。詳しくはまた後日書きますね。

代わりにこの人事を尽くして天命を待った僕のエピソードを書きたいと思います。

 

 

財布を無くすの巻

1年前くらいかなぁ。

僕は北九州という地域に行っていました。

 

旅が大好きな僕は目的もなく、ぶらーっとどこかにいくのが好きなわけですよ。

電車に乗り、いい感じの駅名のとこで降りる。駅名で判断するんですよ。もう訳わかんないですよね。まぁそんな行き当たりばったりの人生を送るのが好きということで。

 

その時は確か「黒崎」という地でおりました。

いい感じの商店街があったのでそこでお買い物をすることに。

 

財布を出そうと左ポッケに手をやりました。

 

おかしょー。「あ、あれ。。。財布がない!!!!やっべぇぞ!!!!(当時流行ってた。わかる人にはわかる)」

 

ってなわけで、僕は財布をなくしました。

財布を無くしたのは人生初めてだったので少し焦りましたね。

焦っても仕方がないので僕は自分ができることを一生懸命に考えました。

そうです。人事を尽くしたんです。

f:id:okasho777:20161017142555p:plain

 

①カードを止める

まずは財布に入っていた、クレジットカードが悪用されないようにクレジットカード会社に電話しました。

「財布を落としてしまったのでカードが利用できないようにしてください!」と。

これで先ずは、一安心。

 

次は財布を探す作業です。

 

Twitterで拡散してもらう・警察にお願いする

よくTwitterで「この財布をなくしました!心当たりがある方はご連絡ください!」や「このお気に入りのバイクを盗まれました!見かけた方はご連絡ください!」と言ったツイートを目にしていました。

その時には「おいおい。大丈夫かよ!!」と思っていました。

いやぁ。まさか自分が「このオレンジの財布をなくしました!もし見かけた方はご連絡ください!!」なんてつぶやく日が来るなんて。

多くの人が拡散してくださいました。本当にその節はありがとうございました。

 

そしてそしてどこかに落としているので警察に落し物届けのようなものを提出しました。

さぁさぁ、次は自力で見つける番です。

 

③歩いたところを3往復くらいする。

駅から、商店街までの道のりを3往復くらいしました。でも、なかなか見当たりません。

そこで僕の中で一つの仮説が。

「あ! 多分電車の中だ!」そう思った僕は全力で駅に行き、駅員さんに尋ねました。

「オレンジ色の財布落ちてなかったですか!!」と。

しかし残念ながら財布は落ちていませんでした。一応。連絡先をお伝えしました。

 

僕はその時思ったんですよね。「あぁ。自分ができることは全てやり遂げた。」と。

人事を尽くした訳ですよ。そして僕は次のアクションに移りました。

 

④寝る。

やることをやった僕はもう待つのみです。

 

そして僕は駅の付近の建物のベンチで眠りにつきました。

 

 

1時間ほど経過したのかな。

僕は携帯の音楽で目が覚めました。知らない番号からの着信です。

 

おかしょー。「はい。岡本です。」

 

電話越しの相手。「こちらJR九州の◯◯です。岡本さんの携帯でおまちがいないでしょうか?財布が見つかりました!」

 

 

おかしょー。「(おおおおおおおお!!!!!)ありがとうございます!!!」

 

ってわけで、僕のさいふは40キロほど離れた博多駅で見つかりました。

 

テンションマックスの僕はルンルンで駅に戻り、博多駅に行くために、切符を買おうとしたんですよ。

財布を出そうと左ポッケに手をやりました。

 

おかしょー。「あ、あれ。。。財布がない!!!!やっべぇぞ!!!!(当時流行ってた。わかる人にはわかる)」2回目。

 

そうでした。僕は財布をなくしていたんです。

 

 

どうしよう。。。

 

 

あ!!!

 

そうだ!!!!

 

 

あれだ!!!

 

f:id:okasho777:20161017144820j:plain

(写真は以下のもの。)

ヒッチハイクのコツを教えます!ヒッチハイク極意三か条。 - 日本一周ヒッチハイカーの戯言

 

ヒッチハイク

そうです。僕の大好きなヒッチハイクです。

開始30分ほどで1台の車が停まってくださり、博多駅まで送って行ってくださいました。本当にありがとうございました!!

 

 

まとめ

これが僕の人事を尽くして天命を待った体験です。

 

この記事から伝えたいことは「行動の大切さ」です。

自分がいくら頑張っても、どうしようもないことはどうしようもないんです。

自分ができることを精一杯やりましょう!!

 

行動を起こすことで道が必ず現れます。逆に言うと、行動をしないと何も始まりません。

僕自身、自分に言い聞かせて、今日も自分ができることを背一杯やっていきたいと思います。

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!