読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一周ヒッチハイカーの戯言

ヒッチハイクで日本一周した大学生がありとあらゆることを書いていきます。

僕。出すぎる杭になります。

スポンサーリンク

f:id:okasho777:20161011093610j:plain

どうも。

 

おかしょー。です。

ちょいと冒頭からかっこつけちゃいましたね。

 

昨日、すっごく嬉しいことがあったのでそれを記事にしようと思います。

先に言っておきますね。

僕。出すぎる杭になります。

 

出る杭じゃないの?

皆さんは「出る杭は打たれる」って言葉をご存知ですか?

意味はこちら。

 

「1 才能・手腕があってぬきんでている人は、とかく人から憎まれる。
さし出たことをする者は、人から非難され、制裁を受ける。
[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」では、「出るは打たれる」を使う人が73.1パーセント、「出る打たれる」を使う人が19.0パーセントという結果が出ている。

https://kotobank.jp/word/%E5%87%BA%E3%82%8B%E6%9D%AD%E3%81%AF%E6%89%93%E3%81%9F%E3%82%8C%E3%82%8B-577183

 

目立ったら叩かれちゃうよ。ってヤツですね。

これとかその典型的な例ですね。

 

blog.okasho6.com

 

僕は昨日思ったんです。

出すぎる杭になろう!と。

そうですね。出すぎた杭は打たれない。ってヤツです。

 

出すぎる杭とは。

netacon.net

 

なんで僕がこの事を昨日思ったのかを書きますね。

 

 

尊敬する方からの言葉

昨日、僕は東京で自分がやっている活動(LIFE SCHOOL)のプレゼンテーションを行ってきました。

f:id:okasho777:20161011094839j:plain

 

この事については後日別記事にするかもしれないし。しないかもしれません。

地域を盛り上げている団体のコンテストでした。イメージ的にはビジコンが近いのかなぁと。このコンテストの懇親会が今回の本題のきっかけにあたります。

 

懇親会の時、僕がすっごく尊敬している方に僕のプレゼンテーションに対するフィードバックをもらいにいきました。

 

彼との出会いは1年半ほど前です。

詳細は割愛しますが、彼のプレゼンテーションを見た瞬間、僕は本気で彼のことをカッコイイと思いました。こんなにもプレゼンテーションで人を惹きつけられる人がいるのか!と。

彼の話は、"凄い"と思う事ばかりでした。何より人柄がすごく良くて本当に尊敬しています。そんな彼に。

 

おかしょー。「◯◯さん!今日はありがとうございました!もしよかったら僕にフィードバックをください!」

 

◯◯さん「おっす!お疲れ!よかったよ!ってかまじでびっくりした。めっちゃプレゼン上手くなってるじゃん!」

 

おかしょー。「。。。 おお!!!!本当ですか!??嬉しいです!!」

と言った感じですっごく嬉しい気持ちになりました。

その後、僕のプレゼンテーションや団体に関するアドバイスを頂きました。

そして彼は。

◯◯さん「翔のやりかた(多分プレゼンテーションとかっていうより生き方だと思う。)は好き嫌いがはっきり分かれると思う。でもそれでいいんだよ。1億2,000万人に全員好かれようとするな! 1,000に好かれれば翔はまじで日本取れる! スタイルを変えずに後は経験やスキルを身につければ本当に化けると思うんだ。」

ち言ってくださいました。他にも色々と言ってくださいましたが、今回の趣旨のとこだけ抜粋しました。

 

僕はこの言葉をしっかりと自分の中に刻みました。

この事に対しても、もしかしたら批判とかあるのかもしれません。でも僕は彼の言葉を信じます。なにより僕自身が、突き抜けた生き方をしたいと思っているからです。

本当に嬉しくて、もっともっと成長したいなぁと思います。

f:id:okasho777:20161011100834j:plain

 

個性をなくしちゃダメだ!

正直最近の僕はもやもやしていたのかもしれない。

言葉では自分の好きな事をしよう! とか。個性を大事にしよう! とか周りの目を気にするな! とか言ってたくせに一番周りの目を気にしていたのは僕なのかもしれない。

 

今回尊敬している方からアドバイスを頂いて、「やっぱり僕は僕でいいんだ。」って思いました。おかしょー。である前に岡本翔でありたいなぁと。

 

出る杭になります。出すぎた杭は打たれません。打たれたところでそれを直してくれる人が必ずいます。

むしろ今後は自分の個性をしっかりと出さないと生きのこっていけません。僕の大好きなアーティストに水曜日のカンパネラというアーティストがいます。

このコムアイさんは本当に個性がでています。だからたくさんのファンがいるのかなぁと。

 

 

blog.okasho6.com

 

 

僕は、岡本翔は岡本翔らしく生きていきます。

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!