読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一周ヒッチハイカーの戯言

ヒッチハイクで日本一周した大学生がありとあらゆることを書いていきます。

好きなことを仕事にすることってできるの?

スポンサーリンク

f:id:okasho777:20161003203745j:plain

どーも。

おかしょーです。

 

昨日に引き続き今日も更新。

今月はバンバン更新していきますよ〜。

 

僕は小学2年生からバスケットボールをやっていて、小学校高学年のときにボンヤリと自分の好きなことでご飯を食べていけたらなぁって思っていました。

 

今回は「好きなことを仕事にする」ってテーマで記事を書いていこうと思います。

 

きっかけ

まずはなんで今回のブログのテーマが「好きなことを仕事にするってできるの?」になったのかについて。

先日とあるイベントを主催しました。

 

LIFE SCHOOLのイベントです。

あ。LIFE SCHOOLについてはこちらを読んでみてください!

 

blog.okasho6.com

 

今回で5回目のこのイベント。僕らの教室。

今回のテーマは「好きを仕事に」。

11月、12月も同じテーマで東京の学生さんをお招きします。

まずは最初の1時間〜1時間半で講演をしていただきます。

f:id:okasho777:20161003205838j:plain

 

講演が1時間あった後、参加者にディスカッションを行ってもらいました。

テーマは「好きを仕事にする」というもの。

f:id:okasho777:20161003205852j:plain

好きを仕事にすることが良いか、悪いかのYes、Noを聞くのではなく、好きを仕事にすることについてどう考えるか皆さんに考えてもらいました。

 

僕も同じようなテーマで考えました。

というか講師の方と話しました。そこで出た結論だったり、僕の意見を今回は書こうと思います。

 

 

 

好きを仕事にすることについて。

好きを仕事にすることはできるのか?

まずはこちらの問いに対して、僕の答えはYesです。

実際僕は自分の好きなことを仕事にしている人をこれまでにみてきました。

なのでこれは可能なのかなぁと。

 

何を仕事と呼ぶのか。

 

何を好きと考えるのか。

 

これは人によって捉え方が違うので難しいものではあるんですけどね。

 

まぁおかしょー。が好きを仕事にしてから言え!!って感じなんですけどね。

 

好きを仕事にするとはどういうことなのか。

前提として好きを仕事にするとはどう言うことなのか。

これはシンプルに考えて良いと思います。

自分の好きなことで飯を食っていっているという解釈で。

 

例えばバスケが好きな人はバスケット選手。

ゲームが好きな人はゲーマーやゲーム・アプリを作るエンジニア。

文章を書くのが好きな人はブロガーやライター。

様々だと思います。

f:id:okasho777:20161003211336j:plain

 

好きなことを仕事にすることは果たしていいことなのか?

これに対してはまだなんとも言えません。

っていうのも僕は自分の好きなことを仕事にできてないから。

僕の好きなことは旅やラーメン。

それから九州弁。

 

これは自分の好きなことを仕事にしてから語りたいと思います。

 

 

自分の仕事を好きになることはできている

今現在僕が行っている活動の中にはお金になっているものもあります。

僕は自分の好きな活動を全力で行っています。そして全力で楽しんでいます。

大好きな活動です。

 

僕にとって仕事とは、世の中に対して価値を提供してその対価としてお金をいただく行為です。

なので僕がやっている活動は仕事と捉えています。

 

だから僕の結論は好きなことを仕事にすることはできるし、自分の仕事を好きになることもできる。です。

 

まとめ

僕は身体が大きくなるにつれて自分の夢を口に出すのが恥ずかしくなっていきました。

でも今は違います。恥ずかしくないです。

周りの親友や仲間も僕の夢を笑いません。

 

僕の夢は世の中を少しでも楽しくすることです。世の中は人間で構成されています。人間が働く時間は人生において凄く大きい割合です。なので自分の仕事を楽しむことができる人が少しでも増えれば世の中が少しでも楽しくなるんじゃないかなぁと。

だから僕のやりたいことは自分の仕事を楽しめる人を一人でも多く増やすことです。

そんな夢を抱きながらこれからも少しづつだけど、自分のできることを最高の仲間と一緒にやっていきたいなぁと思います。

f:id:okasho777:20161003213254j:plain

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!