日本一周ヒッチハイカーの戯言

ヒッチハイクで日本一周した大学生がありとあらゆることを書いていきます。

夢は職業じゃなきゃダメなんですか?ぼくの夢は。。。

スポンサーリンク

f:id:okasho777:20160630090903p:plain

どーも。

おかしょー。です。

 

今日は僕の夢に対する考え方と、僕自身の夢について書いてみますね。

 

夢とは?

多くの方が小さい頃に聞かれたはずです。

「◯◯くん(ちゃん)の夢はなんですか?」って。

これに対して多くの方が

「消防士!!」

「ケーキ屋さん!」

「サッカー選手!」

といったように職業名で答えていたと思います。

ちなみに僕は「ウルトラマン」でした。

保育園にはよくウルトラマンの服を来ていっていたそうです。

このように多くの方が小さい時から

夢=職業と認識しています。でもこれって事実なの?

 

夢は職業じゃなくていい!

確かに小さい時は職業が夢でもよかったと思います。

将来の目標が職業でもよかったと思います。

でも今思うのは、別に職業なんてどうでもよくない?ってこと。

ちょいと語弊のある言い方になっちゃったので詳しく書きますね。

僕は職業は手段にすぎないって思ってます。これは企業にも言える事。

どんなことをやりたいのか。それを明確にしてから就職活動もするべきなんですよ。

大事なのはあなたがどう生きたいのか。あなたの人生の目的です。

生きたい生きかたがあってその手段として進学する。就職する。起業する。

大事なのはひとりひとりの生き方なんですね。

f:id:okasho777:20160630092603j:plain

 

おかしょー。の夢

もうなんども書いてきたことかも知れませんね。

じゃぁおかしょー。の夢はなんやねん!!って感じですよね。

僕の歴代の夢を時系列でみてみましょう。

 

保育園 ウルトラマン

f:id:okasho777:20160630094721p:plain

http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/anime/images/m-78.png

 

くっそかっこよかったんです。

ウルトラマンが大好きだったんです。そりゃ大好きな人物には憧れますよね。

 

小学生高学年〜高校2年生後半 NBA選手

f:id:okasho777:20160630094950j:plain

http://www.nba-stars.com/legend/kobe-crossover/

ぶっちゃけ小学校低学年の時の夢は覚えていません。

んで、小学2年生からバスケを始めました。

バスケは僕にとって本当に大きなものです。誘ってくれた親友には心から感謝しています。

小学5年生の時に初めてNBAの試合を見ました。

くっそかっこいい。って思ったんですよね。そこからはもうNBA選手になるって言ってました。

 

高校3年前半 旅人

f:id:okasho777:20160630095534j:plain

http://social.nikkei.co.jp/report01.html

高校2年生の後半頃にNBA選手という夢をあきらめました。

そこから様々な世界に出逢いました。

旅人。

くっそかっこいい響きでしょ??

旅人の先駆者でもある高橋歩さんに憧れて旅人になりてぇ!!!ってなったんですよ。

きっかけは本です。

気になる方はこちらを読んでみてください!

 

blog.okasho6.com

 

でもおかしょー。は考えるわけですよ。

あれ??旅人ってどうやって飯食うの??

そんな時にいろんな本にいろんな世界を見せてもらい新たな夢が。

 

高校3年生〜大学1年生中頃 起業家

f:id:okasho777:20160630100225j:plain

https://cyllabus-production.s3.amazonaws.com/uploads/course_image/image/2870/4748e649-8c7b-4a16-9b83-97a55dcf207a.jpg

様々な本を読んでいた時にスティーブジョブズの存在を知りました。

僕は人を魅了するための手段・職業はスポーツしかないと思っていました。

でも違ったんです。

PC越しの画面に映る、スニーカーにデニム、黒のタートルネックを着ているおじさん(ジョブズのこと)はスポーツではなくプレゼンテーションを通じて観客を魅了していたのです。

ガチで鳥肌が立ちました。

 

そこから僕の夢は起業家に。

大学進学か就職かの選択時期になった時、「今の自分ではお金を生み出せない」という理由で進学を選びました。

多額なお金を僕に投資してくれた家族に感謝です。

 

ちなみに進路指導の先生や周りの大人には起業なんて無理!と言われていました。

 

大学1年生〜今 世の中を楽しくする。

f:id:okasho777:20160630101928j:plain

http://zeeen.me/archives/4022

 

この世の中を少しでも楽しくすること。

これが僕の今の夢です。

すごく抽象的になったでしょ??

大学一年生の初っ端から起業したい!起業したい!と言っていました。すると色んなチャンスが舞い込んできました。そんな時とある社会人に言われたんです。

「君って起業して何がしたいの?起業は目的じゃなくて手段だからね」って言われたんです。その時俺って何がしたいんだろう??って思い。旅に出たりイベントに参加したり人に会いまくったりしたわけです。

 

その中で見えてきた結論。

それが世の中を少しでも楽しくしたい!って思いです。

世の中を楽しくする手段ってたくさんあると思うんだよね。

僕は「自分の仕事を楽しめる人を増やす」って観点からアプローチしていきたいと思っています。

その点はここにも書いたので是非読んでみてください。

 

blog.okasho6.com

 

 

可能性は無限大

僕すっごく思うんです。

自分自身可能性は無限大だなぁって。

人生これからです!最高の未来を創るのはイマの行動です。

そう思いながら今日も楽しく生きていきます。

 

もちろん皆さんの可能性も無限大です。

人生に。動き始めるのに遅いも早いもありません。

イマから夢を持って毎日をいきてみませんか??

必ずわくわくする毎日を過ごせると思います。

最後に僕の好きな言葉を一つ紹介しますね。

 

"私はまだ何者でもない。だから何にでもなれる"

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!