読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一周ヒッチハイカーの戯言

ヒッチハイクで日本一周した大学生がありとあらゆることを書いていきます。

とんかつ屋さんに行ったら虫が出てきたから、ブログを書いたよ!

おもしろネタ
スポンサーリンク

どーも。

おかしょー。です。

 

あるもんなんですね。

飲食店で注文した料理に虫が入っていることとか。

漫画だけの世界かと思っていました。

これは中々のネタになるなぁと思ったので記事を書くことにしました。

 

あ。大前提として僕はこの記事でとんかつ屋さんの事を批判するわけではないので。

虫が入っていたことに対して僕はとある行動を取りました。

その行動は正しかったのでしょうか?

それとも正しくなかったのでしょうか?

 

そして皆さんならどんな行動を取りますか?

さてとある行動とはどんな行動なのでしょうか??

 

それでは本題に入りましょうか。

f:id:okasho777:20160426001043j:plain

 

 

ご飯の中に虫が一匹

もう本題なんですけど、皆さんは飲食店に行って注文した品に虫が入っていたらどうしますか?

 

僕はそんな状況に出くわしました。

 

お腹が減ったので近くのとんかつ屋さんにいきました。

毎度お馴染みのトンカツ屋さん。名前は伏せておきますね。

 

いつも通りトンカツ定食を注文しました。

しばらくすると、熱々のご飯とトンカツとお味噌汁が僕の目の前に。

※写真はイメージです。

f:id:okasho777:20160426003538j:plain

 

お腹ペコペコの僕はすぐに食べ始めました。

f:id:okasho777:20160426003711j:plain

 

ちなみにこの男性は僕ではないです。

 

熱々のご飯を食べるときはご飯をひっくり返すのが僕の癖なんですよ。

ご飯をひっくり返す。これ分かりますか?

このニュアンスで伝わっていますかねぇ?

 

まぁいいです。先に進みましょう。

いつものようにご飯をひっくり返したときのことです。いつもと変わらぬルーティーンでご飯をひっくり返した。そう。いつもと同じように。

全てがいつも通りだった。

いや、いつも通りのはずだった。。。

 

そうだ。

ご飯をひっくり返すとそこにはアリちゃんらしき虫がいたのだ。

f:id:okasho777:20160426004447j:plain

 

さすがに目を疑いましたね。

僕の中思考はこんな感じ。

 

 

僕の思考 

僕は頭の中ですごく考えました。

ここ最近でこんなにも脳みそを使ったのか!?ってくらい考えた。

この状況でのベストアンサーはなんなんだ。

どうすれば全ての人(僕と店員さん)がハッピーな解をだせるのだ!?

 

そんなとき僕の頭の中には3つの選択肢が。 

 

 

3つの選択肢

①その場で店員さんに言う。

これはあれですね。模範解答。

 

おかしょー。「すいません!ここに虫がいるんですけど。。」

いいの?こんなのいいの?

僕は思ったんですよ。

この選択肢を取ったとしても、店員さんがすいませんと謝って終わるだけ。って

なんか生産性なくね?って思ったんですよ。

ってことでこの選択肢はなし。

f:id:okasho777:20160426011315j:plain

 

②何も言わない。

これベストじゃね!?って思ったんだよね。

アリが入ってたことを誰にも言わない。

誰にも言わないってことは誰にも迷惑がかからない。

やっぱり誰にも迷惑がかからないのが一番じゃん!!って思ったのもつかの間。

この選択肢も生産性なくねって思いました。

誰にも迷惑がかからないってのは誰も損しないし得しない。ってこと。

これはあんまり意味がない。そんなときにとあるエピソードを思い出しました。

0gasawara.blogspot.jp

 

これです。

「不満」は見方を変えれば、ビジネスのチャンスになるってことですね。

ってことで最後の選択肢が思い浮かびました。

 

③こっそりと伝える。

ベストアンサーはこれかなぁ。と。

とんかつ・ご飯・味噌汁を食した後僕はとある行動を取りました。

それはこれです。

f:id:okasho777:20160426012635j:plain

 

そうです。

紙に書いて伝えたのです。

これならその場で謝って終わり。

何も気づきがないまま終わり。ってのを防げると思いました。

これが僕のとったとある行動です。

 

 

まとめ

僕の選択肢は正しかったのか?

それを決めるのは他でもない、店員さんでしょう。

 

さぁ皆さんならどうしますか?

 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!