読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本一周ヒッチハイカーの戯言

ヒッチハイクで日本一周した大学生がありとあらゆることを書いていきます。

僕が尊敬する方は虫を食べちゃう地球少年です。

スポンサーリンク

どーも。

おかしょーです。

今回は僕が大尊敬する方の紹介をします。

 

その方を表すキーワードは地球??

f:id:okasho777:20160217142448j:plain

 

 

 

地球大好き地球少年

僕が今回紹介する方は慶応義塾大学の篠原祐太さんです。

巷では地球少年の愛称で呼ばれています。

 

f:id:okasho777:20160217143841p:plain

初めに言っておきます。

この方は僕が出会った中で一番の"変人"です。(もちろん良い意味です)

そしてメディアにもたくさん取り上げてられています。

ではなんで僕が紹介するのか?

それは「紹介したいから」です。

いたってシンプルな理由ですよね。

ただ他のメディアに掲載されていることをツラツラ書いても面白くないので、

①僕が篠原祐太さんを尊敬する理由

②篠原祐太さんとの出会い

③篠原祐太さんの挑戦

④僕から篠原祐太さんへのメッセージ

の4点盛りで書いていきます。

 

 

  

①僕が篠原祐太さんを尊敬する理由

僕が地球少年こと篠原祐太さん(以下祐太さん)を尊敬する理由は、

どんな批判を受けようとも自分のやりたいことをとことんやっているから」です。

 

これに尽きます。

彼は頭がキレッキレで、高校生時代に年間1300冊の本を読んだり、全国模試で1位の成績をとったりしています。

尊敬できる部分はたくさんあります。

でも1番の理由は先ほども述べたように「自分のやりたいことを追求している」という点にあります。

 

人間は誰のために生まれてきたのでしょうか?

自分のためです。

あなたは自分のために生きていますか?

確かに最愛なる人、家族などの存在がいればその人のために生きるのもいいいでしょう。

それが自ずと自分のためになるのだから。

 

しかし現代の日本では周りの目や声を気にして、自分のやりたいことを隠している人がいます。

僕はそんな人に問いたい。

「今日死んだらどうするの?」と。

人生は無限ではありません。有限です。

そんなこと誰でもわかっています。しかし、本来の自分を隠している人が多いすぎです。そろそろ本来の自分を出してみましょう。

僕は祐太さんの存在を知って、こんな生き方もあるんだ。

こんな人生があるんだ。生きるって素晴らしい。と思いました。

 

そんな彼は、

虫を食べます。

f:id:okasho777:20160217145417j:plain

 

そんな彼は、

ふんどしで街を歩きます。

f:id:okasho777:20160217145755j:plain

 

そんな彼は、

マンタに乗って川下りします。

f:id:okasho777:20160217145859j:plain

 

そんな彼は、

アフリカに行っちゃいます。

f:id:okasho777:20160217145943j:plain

 

そんな彼は、

地球とセックスします。

f:id:okasho777:20160217150220j:plain

 

そんな彼は、

やっぱり虫を食べます。

f:id:okasho777:20160217150445j:plain

 

これら全部を含めて、「篠原祐太」なんです。

例えどんな批判を受けようとも自分のやりたいことをやっている姿はくっそかっこいいです。

あなたは自分らしく生きていますか?

 

②篠原祐太さんとの出会い

僕が彼の存在を知ったのは、高校3年生の頃です。

2年半前くらいですね。

Twitterで発見しました。

当時祐太さんをTwitterで見かけたときの感想は、「キモっ」でした。

いや。

そりゃそうでしょ。今はとっても尊敬しててキモいなんて一ミリも思わないけど、

当時はくっそビビりましたよ。

だってゴキブリ食べてるんだもん!!!

 

おそらく今日の記事を読んで同じように「キモい」と思っている方も多いと思います。

それは仕方がないことなのかなぁって僕は思います。だって自分のモノサシでは測りきれないレベルの人、行為なんですから。

 

僕は彼をTwitterで見つけて興味本位でフォローしました。

すると僕のタイムラインは彼がアップする虫の写真で溢れてしまいました。

これはまずい。虫の写メを無視することはできません。

そこで僕はフォローを外しました。

 

それから僕は大学1年生になりました。

いろんな方にお会いしていろんな生き方を知りました。

僕自身、自分がやりたかった海外1人旅や、ヒッチハイクなどに挑戦しました。

すると不思議なことに自分のモノサシが伸びたんですよね。

 

写真はカナダ1人旅のときのもの。

f:id:okasho777:20160217152023j:plain

f:id:okasho777:20160217151759j:plain

 

そんなある日、祐太さんのTwitterを見かけたんですよ。

そのときの僕は不思議で虫を食べているということに、

違和感を感じませんでした。

 

僕は彼に会いたいと思うようになりました。

そしてTwitterでメッセージを送りました。

「お会いしたいです」と。

それが大学1年が終わりかけた2015年の3月のことです。

一緒にお花見をさせてもらったんですけど、

メンツがすごくて本当に驚きを隠せませんでした。

 

もちろんお会いして様々なことを質問しました。

自分のことも少しだけ話しました。

そして実際に虫も食べてもらいました。

僕自分の目で見たものしか信じることができないんですよ。

だから本当に虫食べるのかなぁって思っていたんですが、

本当に食べていました。笑

 

あのときメッセージを送ってよかったなぁと今でも思っています。

 

③篠原祐太さんの挑戦

ここまでの記事を読んでどんな感想を抱いていますか?

こんな生き方があるんだ。

私もお会いしてみたい!

虫食べてみようかなぁ。。

などの感想を抱いていますか?

 

はたまた、

何この人、気持ち悪い!

この記事見なければよかったぁ。。。

こんな人を紹介・尊敬するおかしょー。最低!

などの感想を抱いていますか?

 

もしこの記事を読んで彼のファンになったあなた。

是非ご協力していただきたいことがあります。

今まで数々のことに挑戦してきた彼が、今面白い企画に挑戦しています。

それは「Red Bull Can You Make It?」という企画です。

これは簡単に説明すると「お金を使わずにレッドブルを物々交換しながらヨーロッパを旅する」というものです。

とってもクレイジーですよね。

詳しくはこちら。

2015.12.3 | お金はないけどレッドブルはある。「そうだ、旅に出かけよう」 | Adventure

今、祐太さんはこの企画に挑戦しています。

しかし誰もがヨーロッパに行けるわけではありません。

WEB投票などで選ばれた数チームのみヨーロッパに行くことができます。

f:id:okasho777:20160217154136j:plain

 

祐太さん以外のお二人もすごく濃い方々です。

先ほど述べた花見には大和さん(真ん中の方)も来られていました。

彼もすっごく尊敬しています。

 

もし祐太さんを、彼らを応援したいと思ったら是非投票をお願いします!

こちらのリンクから投票できます。

www.redbullcanyoumakeit.com

 

 

④僕から篠原祐太さんへのメッセージ

ゆーたさん

本当にゆーたさんに出逢えてよかったと思います。

自分の価値観を一気に広げてくれた方です。

これからも篠原裕太らしく生きてください。

僕も岡本翔らしく生きていきます。

僕が昆虫を日常的に食べることはないと思いますけど、

僕は僕の道を突き進んでいきます。

本当にありがとうございます。

おかしょー。

f:id:okasho777:20160217155336j:plain

 

 

まとめ

今回の記事でもっと彼のことを知りたくなった人は、

こちらをご覧ください。

祐太さんのホームページです。

yshinoearth.com

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!